発酵の力で、内側からすこやかに美しく。
普段の生活で発酵を楽しむコツやレシピ満載の、美人を醸すWebメディア。

発酵の学校

レシピ 腸を元気にする納豆&しその短冊巻き

2018.4.27

調理時間:15分

優れた整腸パワーが期待できるのが、日本が誇る発酵食品の納豆。納豆に含まれる納豆菌は腸内の悪玉菌の増殖を抑え、善玉菌の増殖を促す働きがあり、しかも食物繊維があることで、腸内での働きも盛んになるといううれしい効果が。また、和製ハーブのしそはアレルギー症状の緩和にも有効なのだそう。この2つを一度に食べれば免疫力アップが期待できるだけでなく、普段とは違う納豆の食べ方も新鮮で、おやつ感覚でパクパクと食べられるのも魅力です。

材料 ※4人分

  • 青しそ 20枚
  • ひきわり納豆 3パック
  • 塩吹き昆布(細切りのもの) 大さじ2
  • 春巻の皮 4枚
  • サラダ油 適量
  • ポン酢醤油やレモン醤油など 適宜
  1. ①青しそは根元の軸を切り、縦半分に切ってから千切りにする。納豆は付属のタレを加えて混ぜる。塩吹き昆布は粗みじん切りにして刻み、すべてをボウルに入れて混ぜ合わせる
  2. ②春巻の皮は角を手前にして広げ、①の1/4の量を皮の対角線手前側に広げる
  3. ③皮の手前側の角で具を包み込むように折った後、左右の角を中央に向かって折り、くるくると短冊形になるように巻く。巻き終われば皮に水をつけてピッタリとくっつけること
  4. ④フライパンに薄く油をしき、③を並べて中火で両面を焼く。皮に焼き色がついたら取り出し、冷めたら一口大に切って盛る。食べる際はタレやドレッシングなどをかける

※記載内容は、取材対象者及び筆者の個人的な見解であり、特定の商品または発酵食品についての効果効用を保証するものではありません。

キーワード

関連記事

おすすめ記事

ページの先頭へ