発酵の力で、内側からすこやかに美しく。
普段の生活で発酵を楽しむコツやレシピ満載の、美人を醸すWebメディア。

菌活女子

料理研究家・荒木慶子先生が教える 花粉症対策にぜひ取りたい発酵食レシピ

2018.4.27

目のかゆみやくしゃみ、鼻づまりなど、花粉が飛び交う季節になりました。その点で発酵食品は免疫力をアップする食材としては優等生な食品。なぜなら納豆や味噌、醤油、お酢、ヨーグルトなど、発酵食品の特徴は腸内環境を整える善玉菌を多く含んでいるからです。体の免疫機能の約60%は腸管に存在するので、腸内細菌のバランスがよくなれば免疫力は自然とアップします。それに加えて、腸内環境を整える食材—かぼちゃ・ニンジン、アレルギー症状を抑える食材—しそ・玉ねぎ、粘膜を保護・修復する食材—チーズ・納豆・味噌、体温を上げてくれる食材—生姜・ネギなどを合わせて摂取することで、花粉症に負けない体づくりを目指しましょう。

荒木 慶子(あらきけいこ)

1972年に渡米し、デュマ・ピエークッキングスクール全課程修了。1984年に料理スタジオ「クックダム」を設立。料理教室主宰、食品企業の商品開発などを行う。1990年には中国陝西省現代中医学 元漢方医 張先生につき東洋医学・薬膳を学ぶ。2016年にNPO法人認知症サポートネットに入会し、現在は認知症予防料理アドバイザーとして活躍。主な著書に『おかあさんのおかず本』(主婦の友社)、『きょうの料理』(NHK出版)等。

※記載内容は、取材対象者及び筆者の個人的な見解であり、特定の商品または発酵食品についての効果効用を保証するものではありません。

キーワード

関連記事

おすすめ記事

ページの先頭へ