発酵の力で、内側からすこやかに美しく。
普段の生活で発酵を楽しむコツやレシピ満載の、美人を醸すWebメディア。

発酵の学校

レシピ 白菜のザワークラウト風

2018.4.11

この季節、白菜をお鍋に使うことが多いので、余ったものを活用できるよう、通常はキャベツを使うところを白菜で仕上げています。また、本来のザワークラウトは発酵させてから食べるドイツ版漬物ですが、今回はリンゴ酢で酸味をプラスし、すぐに食べられる短時間バージョンに。リンゴ酢の爽やかな酸味がきいてさっぱりと食べられ、スパイスで入れる丁字が胃腸を温めて働きを活発にしてくれる役割を担ってくれます。

材料 ※4人分

  • 白菜 300g
  • A
    リンゴ酢 大さじ1
    塩 小さじ1/2
    砂糖 小さじ1/2
  • 玉ねぎ 1/2個
  • オリーブ油 大さじ2
  • 白ワイン 大さじ5
  • ベイリーフ 1枚
  • 丁字(クローブ) 1個
  • リンゴジュース 50cc
  • ソーセージ 4〜6本
  1. ①白菜は葉をざく切りに、軸は繊維に沿って小指大ほどの細切りにする
  2. ②ボウルに入れ、Aをまぶして15〜20分置く
  3. ③鍋にオリーブ油を熱し、スライスした玉ねぎを入れて色付かないよう炒め、①の白菜、白ワイン、ベイリーフ、丁字を炒めながら煮汁を煮詰める
  4. ④汁気がなくなればリンゴジュースと一口大に切ったソーセージを加えてひと煮立ちする。その後、塩コショウで調味する
  5. ※酸味が足りない場合はリンゴジュースを足す
  6. ※好みでキャラウェイシードを加えてもよい

※記載内容は、取材対象者及び筆者の個人的な見解であり、特定の商品または発酵食品についての効果効用を保証するものではありません。

キーワード

関連記事

おすすめ記事

ページの先頭へ