発酵の力で、内側からすこやかに美しく。
普段の生活で発酵を楽しむコツやレシピ満載の、美人を醸すWebメディア。

発酵の学校

レシピ 白かぶらのボルシチ風

2018.4.11

冬に旬を迎えるかぶらを使った温かなスープ。本来のボルシチは“スメタナ”というサワークリームを入れますが、使う頻度が限られているサワークリームの代わりにワイン酢を使用しています。たっぷりと野菜が食べられ、体の芯から温まるやさしい料理は、疲れた胃腸の回復も期待できます。今回はワイン酢を使いましたが、ヨーグルトを使っても風味が増しておすすめです。

材料 ※4人分

  • かぶら(中サイズ) 2個
  • 玉ねぎ 1/2個
  • にんじん 1/3本
  • ベーコン(細切り) 2枚分
  • チキンスープ 2.5カップ
  • トマトジュース(濃いめ) 1カップ
  • ワイン酢 大さじ1
  • 塩コショウ 少々
  • オリーブ油 大さじ2
  • サラダ油 適量
  1. ①かぶらは一口大のくし形に切り、玉ねぎとにんじんはすりおろす
  2. ②鍋にサラダ油を熱し、ベーコンを入れて炒め、色付いたら別皿に取る。
  3. ③鍋の油をぬぐい、オリーブ油を加え、①の玉ねぎとにんじんを加えて炒める。熱が通れば、チキンスープ、トマトジュースを加えて5〜6分煮る
  4. ④③にかぶら、ベーコンを入れ、中火で4〜5分煮る。かぶらに熱が通れば、ワイン酢と塩コショウで調味する
  5. ※かぶらの葉は茹でて加えてもよい。

※記載内容は、取材対象者及び筆者の個人的な見解であり、特定の商品または発酵食品についての効果効用を保証するものではありません。

キーワード

関連記事

おすすめ記事

ページの先頭へ