発酵の力で、内側からすこやかに美しく。
普段の生活で発酵を楽しむコツやレシピ満載の、美人を醸すWebメディア。

発酵の学校

レシピ 下仁田ねぎの柚子煮

2018.3.30

冬に旬を迎える下仁田ねぎは太い白根が特徴。この部分を煮たり焼いたりと熱を加えると、短時間で柔らかくなり、とろけるような舌触りと甘さが楽しめます。もちろんねぎには体を温め、強い殺菌効果もあると言われ、風邪予防にも最適。また、甘酒を砂糖やみりんの代わりに使えば、甘味がやさしくなり、免疫力アップも期待できます。

材料 ※4人分

  • 下仁田ねぎ 2本
  • だし汁 1カップ
  • 甘酒 1/2カップ
  • 柚子 1個
  • 柚子胡椒 小さじ1/8
  • うす口醤油 小さじ1/4
  1. ①ねぎは表面の汚れを洗い、4cmの長さで筒状に切る
  2. ②柚子の皮は千切りにし、果汁は絞る
  3. ③鍋にだし汁、甘酒、②の半分の量を入れて中火で煮立てる
  4. ④①を加え、フタをして5〜6分煮る。ねぎが柔らかくなれば、柚子胡椒とうす口醤油を加えて味をなじませる
  5. ⑤器にねぎを盛り、煮汁をかけ、残りの柚子皮を散らす

※記載内容は、取材対象者及び筆者の個人的な見解であり、特定の商品または発酵食品についての効果効用を保証するものではありません。

キーワード

関連記事

おすすめ記事

ページの先頭へ