発酵の力で、内側からすこやかに美しく。
普段の生活で発酵を楽しむコツやレシピ満載の、美人を醸すWebメディア。

発酵の学校

白ごはん.comの冨田ただすけさんがお届けする「秋冬の発酵食品レシピ」 ひじきと彩り野菜の塩麹炒め

2018.11.29

秋バテにもつながる“鉄分不足“を解消するため、献立にぜひ取り入れたいのがひじき料理です。彩りのよいにんじん、いんげんと合わせて炒め物にするこのレシピでは、味付けがほぼ塩麹なので、味わいはまろやか、酵素のおかげで胃腸にもやさしい仕上がりとなります。ひじきの煮物よりもだし汁がいらない、調理時間が短いなどの点で、より作りやすい1品でもあります。

調理時間:約15分 ※ひじきを戻す時間を除く
保存期間:冷蔵庫で2~3日

材料 ※2人分

  • ひじき(乾燥) 10g
  • にんじん 1/5本(約30g)
  • いんげん 4~5本
  • 塩麹 大さじ1
  • 白いりごま 少々
  • こしょう 少々
  • ごま油 小さじ1
  1. ①ひじきはたっぷりの水で戻してから水気を切る。にんじんは4~5㎝長さのせん切りに、いんげんはヘタを切り落として4~5㎝幅の斜め切りにする。
  2. ②フライパンにごま油を入れて中火で熱し、にんじんといんげんを1分ほど炒める。続けて、ひじきを入れてさらに2分ほど炒める。
  3. ③火を少し弱めてから塩麹を入れ、だまのないよう炒め合わせる。最後にごまとこしょうを加えてさっと混ぜ合わせる。

※記載内容は、取材対象者及び筆者の個人的な見解であり、特定の商品または発酵食品についての効果効用を保証するものではありません。

キーワード

おすすめ記事

ページの先頭へ